カチオンフレーム工法目地型枠仕様とは

コンクリート擁壁や谷止工などで施工目地に使用するケンタイト(癧青質繊維性目地板)を残存型枠の型枠材とする全く新しい施工目地専用の残存型枠です。

  • 目地型枠仕様
  • 目地型枠仕様
  • 目地型枠仕様
  • 目地型枠仕様

カチオンフレーム工法目地型枠仕様

工期短縮

脱型不要の型枠なので、隣接したスパンを同時に打設する事が可能です。

これにより大幅な工期短縮が図れます。

品質

本体コンクリートの内部に入る残存型枠には、防錆対策が必要です。

カチオンフレームは防錆効果の高い、ダブルカチオン電着塗装を採用しているので安心です。

経済性・環境性

材料ロスがほとんど発生しないので経済的で環境に配慮した製品!

目地型枠の施工は、型枠のカットが多いので手間が掛り、材料のロスや残材処分等が発生してしまいます。
カチオンフレーム工法は、材料ロスがほとんど発生しないので経済的で環境に配慮した製品です。

主な作業手順

  1. STEP 1

    ケンタイトに穴を開ける。

    ケンタイトに穴を開ける。

  2. STEP 2

    カチオンフレームとセパボルトを固定する。
    ボルトとナットでケンタイトを固定する。

    カチオンフレームとセパボルトを固定する。

  1. STEP 3

    組立て完了。

    組立て完了。

  2. STEP 4

    位置を確認してセパ溶接する。

    位置を確認してセパ溶接する。

その他の仕様

木製残存型枠に最適平割材仕様

平割材仕様

詳しく見る

木製残存型枠に最適合板仕様

合板仕様

詳しく見る

国産材合板型枠に最適脱型型枠仕様

脱型型枠仕様

詳しく見る

PAGE
TOP